本文へスキップ

浪江町商工会新サイト

商工会は行きます 聞きます 提案します
〜会員満足向上運動〜

浪江3月31日避難解除
〜帰還困難除き 町長受入〜

                      
 東京電力福島第一原発事故に伴う浪江町の居住制限、避難指示解除準備両区域は3月31日に解除される。
 馬場有町長が27日、二本松市で開かれた町議会全員協議会で政府方針の受け入れを表明した。浪江町は双葉郡で最も人口が多く、住民帰還により郡北部の復興が加速すると期待される。

 ≪〜解除対象〜≫
 1月末現在で、15,327人(5,841世帯)で町全体の約8割に当たる。

 ≪〜避難解除について馬場有町長は〜≫
 「(3月31日解除という)国の提案を容認する。浪江町を残すためには、今この時期に避難指示を解除することが必要。避難指示解除はスタートラインにすぎないが、町全体を『古里』として取り戻す日を全力で目指す」と述べた。

 ≪〜反対意見も〜≫
 政府は1月、町議会、行政区長会に3月31日の解除方針を提示し、住民懇談会や町議会全員協議会で意見を聞いてきた。
 一部には、「時期尚早だ」とする反対意見も出ていた。

 ≪〜避難解除に向けて〜≫
 町内の居住制限、避難指示解除準備両区域は電気、ガス、水道などの生活基盤がほぼ復旧した。
 4月1日に町役場の機能が全て戻る予定で、3月28日には町営診療所の診察が始まる。
 震災後、不通となっているJR常磐線浪江−小高間は避難指示解除に合わせて運転を再開する見込みだ。

 ≪〜町民からの指摘〜≫
 浪江町民からは、帰還に向けては比較的規模の大きな商業施設、入院可能な医療施設の整備が必要になるとする声が上がっている。
 政府が開いた住民懇談会では「町内での生活物資の調達を不便に感じる」「入院できる医療機関がないため不安」といった指摘が出ていた。

 ≪〜双葉・大熊以外 解除日出そろう〜≫
 飯館村と川俣町山木屋地区は浪江町と同じ3月31日、富岡町は4月1日に解除される。
 






引用元:福島民報(平成29年2月28日掲載分)




 

バナースペース

浪江町商工会

〒964-0906
福島県二本松市若宮2丁目154-1

TEL 0243-22-9100
FAX 0243-22-9105
Email:namieskk@fork.ocn.ne.jp